スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ ― ディンケルスビュール(Dinkelsbühl)

ディンケルスビュール(Dinkelsbühl)はバイエルン州にある都市です。

13世紀に形成された街の中心には市場通りが設けられ、当時様々な取引や生産が行われた名残を伝えているそうです。

 


 



 

有名なドイチェス・ハウス

 


 


 


 

 
―  追記  ―
 
この町の外?らしきところをUPしてみました。

コメントの投稿

非公開コメント

ドイチェ・ハウスってホテルだったんですね~。
添乗員さんの話しを最後まで聞いてなかったw
どうりでパンフレットでよく見かけるなとは思っていたのですが(笑
一泊1万くらいだと結構いい値ですよね。私もマルクの頃にいきたかったな~♪
当時の写真もしも見つけることが出来たら是非
見せてくださいね~~~♪
primaさんの旅行写真再度チェックにいきます(笑
色々教えてくださってありがとうございます♪
これからもまた教えてくださいね♪

はい。 ここドイチェ・ハウスはホテルなんですよ。
25年も前ですから、当時と同じかどうかはわかりませんが、
中はね、、、一部屋一部屋デザインや形が違っていました。
私達が泊まった部屋は結構大きくて、バスルームも一部屋分位の大きさでした。
当時は通過がマルクだったので、二人で一部屋70マルク位だったと記憶しています。1マルク=いくら円だったんだか、、、覚えていないのです。
でも1泊1万円強 だったと思いますよ。

当時の写真は実家にあるので、今度見つけたらUPしてみるわね。
昨年の宿泊先ヴァイセス・ロスとディンケルスビュールの記事なら、、、↓です??

http://myhome.cururu.jp/eathan/blog/article/81001155723

ドイチェ・ハウスって泊れるんですか??知らなかった^^;
すごいなー!!中はどんな感じでしたか??
その当時の写真お持ちでしたら是非拝見させてくださいーーーーー!!
この街に宿泊されたのですね♪♪♪
この町の外というとあの外壁?で囲まれたことでしょうか??
外に川がありましたが・・・
どれがどの写真やらわからなくなってしまって^^;
あとで載せてみませす!!

ディンケルスビュールはロマンティック街道の中で私の1番好きな町です。
ドイチェ・ハウスには25年位前に泊まった事があります。
伝統があるけれど素朴で素敵な宿でした。
上から2枚目の写真はヨーロッパバスのバス停の所だったかしら?
昨年宿泊したヴァイセス・ロスのお宿は、このバス停広場の前にありました。
とても懐かしいです。

この町の外側の堀をご覧になりましたか?
とても郷愁をそそるプロムナードです。

一度おうちの中を覗いてみたいですよねー。
次回行くことができたら、自宅訪問?させていただかなくては(笑
ドイツは今とっても寒いようです。先月でさえあれだけ寒かったのに・・・
家の中はぽかぽかしてるんでしょうか?興味津津ですね♪

w( ̄△ ̄;)wおおっ! やっぱり「ハイジ」を思い出させる家並みですね
とても かわいらしいお家がいっぱい~~~ 素敵(*^^*)

熊本の風さんこんにちは。毎回同じような写真ですみませんw
そういえば以前も左右対称とおっしゃっていましたね♪
また気づかなかった(笑
窓が微妙に違ったりしてるんですね。ちゃんと見てみることにします♪

まみぞうさん、おはようございます^^
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪やっぱり良いですね~わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
こちらでは(日本では)見られない町並みって面白い^^
見ていてあきませんね~^^
こうやって見ると左右対称の建物(シンメトリー)なんですね~^^
知らなかった~"φ(・ェ・o)~メモメモ

あwいきなり訪問者が!!!めけさまお体大丈夫ですか^^;
そっちへ伺おうとしていたところです。
ここも素敵な通りでしたよ。まだ朝が早かったのか
お店はあまりでていませんでした。ものーすごく寒かったと
印象が残る街でした!有名なドイチェ・ハウスはドイツの伝統的な
木組みの家だそうです(*^ ^*)

待ってました!ドイツ旅行写真。
流石、綺麗な町並みですね。建物の配色とか、造りが可愛いです。ドールハウスの雰囲気を感じます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。